homoeopathic consultation on chronic disease

Top | Services | Homoeopathic consultation on chronic disease
 

ホメオパシーは「体にもともと備わった仕組み」を使って症状をケアする方法です。江戸時代末期、ペリーさんが黒船で日本に来たころ、ドイツのお医者さん「サミュエル・ハーネマン」が体系化しました。

体には「受けた刺激の反対に反応をする」という仕組みが備わっています。この仕組みがあるため、病的なエネルギーで体を刺激すると、反対の、健康という反応を体は生み出します。これは、何百年たっても変わりようのない、人体に備わる「自然の仕組み」。

「レメディー」という刺激剤を使って人体に備わる自然の仕組みを利用する療法が「ホメオパシー療法」です。



How to choose

サービスの選び方

お困りの症状は、

  • 事故・怪我である
  • 急な気持ちの乱れである
  • 学校や職場で流行している
  • 仕事を休んだり、しばしば横になるなど、日常生活に支障をきたしている
  • 上記以外の症状で、今回初めてなった
  • 上記症状に対して、自分で選んだレメディーがヒットしない
  • 手術前後のサポートを受けたい
 
to Acute disease

 急なつらい症状でお困りで、

  • ホメオパシーを試してみたい
  • ホメオパスの人柄、技術、相性を確かめたい

    ※「急なつらい症状」とは次のような症状を指します。
     1.事故・怪我
     2.気持ちの乱れ
     3.流行している症状
     4.仕事を休んだり、しばしば横になるなど、日常生活に支障をきたすほど強い症状
     5.上記以外の症状で、今回初めてなった
     6.手術前後のサポートを受けたい
 
to Acute disease

お困りの症状は、

  • 以前にも経験がある
  • 出たり消えたりを繰り返している
  • 食事やライフスタイル、心や考え方を整えても改善しない
  • 同様の症状を持つ家族がいる
 
to Chronic disease

homoeopathic consultation on chronic disease

About this consultation

このサービスについて

ホメオパシー健康相談とは

あなたのつらい症状を解放に導く、「似た症状を引きおこすレメディー(同種の刺激)」をお探しします。同種の刺激を受けると、からだは、自然の仕組みに従って、つらい症状から解放されます。繰り返す症状を終わらせて「軽やかで」「心地よい」こころとからだを作りましょう。


Flow of consultation

セッションの流れ

  1. ご提出書類を事前に拝見、お困りの症状の詳細・由来・背景などの分析・精査を始めます。
  2. ご予約当日、お困りの症状を中心にお話を伺い、合うレメディーを提案いたします。
  3. 提案レメディーを説明後、レメディーを購入する際に必要となる書類(「レメディー適用書」)を作成、お渡しいたします。
  4. ご予約時間内(1時間)で、ご質問にお答えいたします。
  5. 最終ご相談日より、6週間サポートいたします。ご不明なこと、お困りごとがございましたら、随時メールでご連絡ください。サポート期間内の、ご本人様に関するご相談は、相談料無料で対応いたします。

At such times

このような時に

お困りの症状がある

  • 体や心が重い
  • 頭痛、月経痛、腰痛、肩こりなどさまざまな痛みが取れない
  • 痒みや咳、疲労感や疲れやすさ、怒りや不安などの繰り返しがつらい
  • お困りの症状は、以前も経験がある
  • お困りの症状は、出たり消えたり再発を繰り返している
  • 食事やライフスタイル、心や考え方を整えても改善しない
  • 家族も同様の症状で困っている

どうにもならない症状がある

  • セルフケアでは上手くいかなかった
  • あいまいで長期にわたる症状に困っている
  • 何をしても症状に変化がない
  • 色々試したが、成果が得られない
  • この症状は、もう仕方がないと思っている

心身に取り入れるものには気を配りたい

  • 副作用、アレルギーなどで医薬品が使えない
  • 体に不要な物質を取り込みたくない
  • 結婚を考えている
  • 妊娠を望んでいる
  • 大切な家族の体調や体質改善をサポートしたい

自然に暮らしたい

  • 自然の仕組みに沿ったケアで、心地よく穏やかに暮らしたい
  • 自然の仕組みに沿ったケアで、繰り返す不快な症状を終わらせたい

 健康を通じて、物事への理解を深めたい

  • 自分の体と心への理解を深めたい
  • 自己理解を深めることで、他者理解を深めたい
  • 人に関する理解を深めることで、物事への理解を深めたい
  • 思春期~青年期のお子さんのサポートに困っている

電話やスカイプで相談したい

  • 近くにホメオパスがいない
  • 近くのホメオパスでは変化がなかった
  • 症状により外出が困難
  • 忙しく、移動時間もセーブしたい
  • 夜間に相談したい

 

例えば、こんな症状

対応症状例 ホメオパシー療法は、病名、診断名に関わらず承ります。過去には、下記ご相談を承りました。
 頭部 頭痛、ふけ、しらみ、頭部挫傷、頭部打撲、頭蓋骨骨折、意識消失、前頭葉損傷、脳震盪
 顔 ヘルペス、ニキビ、吹き出物、肝斑、しみ、怪我
 目 ものもらい、麦粒腫、結膜炎、ドライアイ、角膜潰瘍、眼腫瘍
 耳 耳だれ、耳痛、聞こえにくさ、中耳炎、滲出性中耳炎
 鼻 鼻水、鼻づまり、副鼻腔炎、アレルギー性鼻炎、花粉症
  口内炎、歯痛、口唇ヘルペス、口角炎、咽頭炎
 胴部 首痛、肩痛、肩こり、肩関節周囲炎(四十肩、五十肩)、ぎっくり腰、腰痛、むち打ち、ヘルペス
 上肢 ひょうそ、あかぎれ、しもやけ、主婦湿疹、手湿疹、手指角化症、へパーデン結節、骨折、浮腫
 下肢 膝蓋靭帯炎(ジャンパー膝)、膝痛、オスグット、ベーカー膿腫、捻挫、痛風、成長痛、下肢切断、浮腫
 消化器 胃痛、胃癌、嘔吐、ガス、下痢、便秘、大腸ポリープ、痔、食物アレルギー
 泌尿器 膀胱炎、尿道炎、夜尿症、頻尿、尿漏れ、慢性腎臓病(CKD)
 生殖器 PMS、月経痛、月経遷延、月経過多、子宮筋腫、子宮腺筋症、卵巣の腫れ、子宮頸がん、HPV16ウィルス陽性、子宮内ポリープ、妊娠中の母体のケア、係留流産後の母体のケア
 呼吸器 咳、喘息
 心臓血管 動悸、息切れ、頻脈、右脚ブロック、高血圧
 体温調節 発熱、悪寒、手足の冷え
 内分泌 1型糖尿病
 神経 チック、点頭てんかん(ウエスト症候群)
 精神 不安、パニック、怒り、過食嘔吐、ヒステリー、うつ、希死念慮、解離、離人症
 発達 言葉の遅れ、発達障害、知的障害、自閉症
 睡眠 不眠、過眠、中途覚醒
 骨 骨折、骨粗しょう症
 皮膚 ほくろ、水いぼ、いぼ、痒み、アトピー性皮膚炎、水虫、瘻孔、傷、ただれ
 発疹 あせも、ニキビ、せつ、ヘルペス、蕁麻疹
 事故怪我 交通事故、縫合や手術が必要な怪我、手術・歯科治療前後のケア
 他 スポーツ選手の大会前後のサポート、演奏家のケア

 

このような時は

次のような時には、ご自身の判断で、医療機関を受診ください。

 


Cases

ご相談事例


Comments and feedback

ご利用後のご感想


Booking flow

お申し込みの流れ

1:お申し込み

健康相談お申し込みフォームにて、必要事項をご記入の上、ご送信ください。

自動返信メールにて、ご予約受付から当日までの流れ、ご準備いただく書類、必要なお手続きなど、ご案内いたします。

健康相談お申し込みフォーム(パソコン、スマートフォン、携帯電話からご利用いただけます)。

2:ご予約を承ります

応談日時は、

平日 :20時~22時、電話・スカイプ

土日祝:10時~17時 直接・電話・スカイプ。

水  :休

あわせて、お持物、アクセス、お支払方法などご案内申し上げます。

3:必要書類をご準備ください

必要書類は、1.健康相談質問票 2.同意書 の2点です。必要事項にご記入後、ご返送ください。

4:ホメオパシーについてご理解ください

由井寅子先生の講演会DVD「症状はありがたい」のご視聴をお勧めしております。

5:お振込みをお願いいたします

お振込みの確認を持ちまして、正式なお申し込みとなります。

6: ご予約当日

ご予約日時にお越し・ご連絡ください

ホメオパシー健康相談をお受けいただきます。

約45分お話を伺い、お困りの症状全体に合うレメディーをお選びいたします。

「レメディー適用書」という、レメディー購入に必要な書類をお渡しいたします。

7:レメディーをご購入下さい

「レメディー適用書」を用いて、各販売店様からご購入下さい。

ホメオパシージャパン正規販売店一覧

8: レメディーをお試しください

試用期間は、レメディー開始後、20~40日程度となります。

レメディーをお摂りいただいている期間に、わからないことや、お困りになられることがございましたら、随時メールでご連絡いただけます。

最終ご相談日より6週間の、ご本人様に関するご相談は、無料で対応いたします(ご家族様の急なお困りごとにつきましては、ホメオパシーセルフケア相談をご利用ください)。

 


Homeopathic consultation on chronic disease

ホメオパシー健康相談のご案内

目的 体を楽にしながら、「ご自身らしさ」の土台である感覚を明確にする
対象 繰り返す症状でお困りの方に
内容 繰り返す症状=慢性症状に合うホメオパシーのレメディーを、プロフェッショナルホメオパスが選択。選択レメディーの作用期間中、継続的にサポート(6週間)
対応症状例 ホメオパシー療法は、病名、診断名に関わらず承ります。過去には、下記ご相談を承りました。
 頭部 頭痛、ふけ、しらみ、頭部挫傷、頭部打撲、頭蓋骨骨折、意識消失、前頭葉損傷、脳震盪
 顔 ヘルペス、ニキビ、吹き出物、肝斑、しみ、怪我
 目 ものもらい、麦粒腫、結膜炎、ドライアイ、角膜潰瘍、眼腫瘍
 耳 耳だれ、耳痛、聞こえにくさ、中耳炎、滲出性中耳炎
 鼻 鼻水、鼻づまり、副鼻腔炎、アレルギー性鼻炎、花粉症
  口内炎、歯痛、口唇ヘルペス、口角炎、咽頭炎
 胴部 首痛、肩痛、肩こり、肩関節周囲炎(四十肩、五十肩)、ぎっくり腰、腰痛、むち打ち、ヘルペス
 上肢 ひょうそ、あかぎれ、しもやけ、主婦湿疹、手湿疹、手指角化症、へパーデン結節、骨折、浮腫
 下肢 膝蓋靭帯炎(ジャンパー膝)、膝痛、オスグット、ベーカー膿腫、捻挫、痛風、成長痛、下肢切断、浮腫
 消化器 胃痛、胃癌、嘔吐、ガス、下痢、便秘、大腸ポリープ、痔、食物アレルギー
 泌尿器 膀胱炎、尿道炎、夜尿症、頻尿、尿漏れ、慢性腎臓病(CKD)
 生殖器 PMS、月経痛、月経遷延、月経過多、子宮筋腫、子宮腺筋症、卵巣の腫れ、子宮頸がん、HPV16ウィルス陽性、子宮内ポリープ、妊娠中の母体のケア、係留流産後の母体のケア
 呼吸器 咳、喘息
 心臓血管 動悸、息切れ、頻脈、右脚ブロック、高血圧
 体温調節 発熱、悪寒、手足の冷え
 内分泌 1型糖尿病
 神経 チック、点頭てんかん(ウエスト症候群)
 精神 不安、パニック、怒り、過食嘔吐、ヒステリー、うつ、希死念慮、解離、離人症
 発達 言葉の遅れ、発達障害、知的障害、自閉症
 睡眠 不眠、過眠、中途覚醒
 骨 骨折、骨粗しょう症
 皮膚 ほくろ、水いぼ、いぼ、痒み、アトピー性皮膚炎、水虫、瘻孔、傷、ただれ
 発疹 あせも、ニキビ、せつ、ヘルペス、蕁麻疹
 事故怪我 交通事故、縫合や手術が必要な怪我、手術・歯科治療前後のケア
 他 スポーツ選手の大会前後のサポート、演奏家のケア
担当 佐々木美紀 JPHMA.792/HMA.1625
ティアラ 日本ホメオパシーセンター渋谷笹塚交差点
応談日時 平日20時~22時 土日10時~17時 水休
相談方法 電話・スカイプ相談(平日、土日)
直接相談(土日 京王線笹塚駅徒歩約8分;新宿駅より所要時間約15分)
相談時間 お一人様約45分、ご滞在時間1時間程度
ご相談日より6週間のサポート
相談料金 大人10,000円 小学生以下8,000円 (税別。いずれもお一人様。レメディー代は含みません)
*ご返金はいたしかねますので、予めご了承ください (別日程へお振替させていただきます)
お支払い 事前振込とさせていただいております
お申し込み ホメオパシー健康相談お申し込みフォーム
(パソコン、スマートフォン、携帯電話からもご利用いただけます)

Reservation

ご予約はこちらから

 
to Reservation form