Homoeopathy

軽やかで心地よい体と心を作る

合うものを選び、あなたらしい表現で、人生の「主人公」として生きる。
そんな人生に踏み出したくなったら、はじめの一歩は「心地よいからだづくり」。
「始まりの想い」を感じ、向き合える、心と体に調えましょう。


繰り返す症状を終え、心地よい体へ

偏頭痛、月経痛、肩の痛みや腰痛、
咳や痒み、
疲れやすさ、
怒りや不安などで気持ちが乱れやすくて辛いなど、
繰り返す症状を我慢していらっしゃいませんか。

また、そのために、
挑戦したかったことやチャンスを見送ったことはなかったでしょうか。

こうした繰り返す症状には、
その場しのぎの対応しかないのだからと、諦める前に……。



繰り返しを終える方法があります

自然の仕組みに沿ったケアで、繰り返す症状を終わらせ、
「軽やかなからだ」、「心地よいからだ」をつくる方法があります。
それがドイツ生まれの自然療法、「ホメオパシー」です。



ホメオパシーとは

ホメオパシーは、
つらい、不快な症状を取り除く方法です。
体に備わる仕組みを使って、
速やかで、穏やかで、持続的な解消を目指します。

そのために、困った症状があるとき、
その症状に合うレメディーを飲みます。

同時に、
食事、活動、休息、考え方や心のあり方といった
症状とつながりの深いライフスタイルを見直し、
健康に向け、生活全体を調えていきます。




_H7A6946.jpg

レメディーとは

様々な物質を※
分子がなくなるくらいまで
叩きながら薄め、
砂糖玉やアルコールなど溶媒に溶かしたもののこと。
※物質以外から作られるものもあります。

それを、水に溶かして飲んだり、
砂糖玉を口に入れてなめたり、
症状のない健康な皮膚に塗ったりして使います。




_H7A6918.jpg

合うレメディーとは

お困りの症状と
似た症状を生み出す力を持つレメディーのことです。

「マテリアメディカ」と呼ばれる本をよく読み、
お困りの症状に最も似ている症状が書かれた
レメディーを探します。



マテリアメディカとは

レメディーは、かつて、
年齢、性別、職業などの異なる
たくさんの健康な方のご協力で
実験が行われました。

健康な人が、
そのレメディーを飲んだ時に出た症状が
もれなく記録されています。

その本を「マテリアメディカ」といいます。




_H7A6940.jpg

誰が考えたのですか

ドイツのハーネマンというお医者さまです。
今から250年以上前、日本では江戸時代末期のこと。

ハーネマンさんは、病気が治る様子を観察するなかで、
「治るきっかけ」と「症状」の間に、3種類の関係を見つけました。

   似ている
   反対
   関係がない

症状に「似たもの」の影響を受けると、体は「健康」へ変化する。
この発見がホメオパシーの土台。
250年以上たっても変わらない、人体の仕組みです。



GTY0009077801.jpg サミュエル・ハーネマン(1755-1843年)

ホメオパシーをするとどうなりますか

正しく用いると
お困りの症状が
速やかに、穏やかに、持続的に解消されます。

救急箱で手当てをするような軽いけがや事故、
薬局で市販薬を買うような軽い痛みや不調から、
定期的な通院を必要とするような繰り返す不調まで※
お使いいただけます。
※繰り返す不調を解消するにはホメオパスをお訪ねください。




どうやって解消するのですか

1.お困りの症状を観察します。
2.その症状と似た症状を、
 「レパートリー」、「マテリアメディカ」という本から探します。
3.見つけたレメディーを飲んだり塗ったりします。
4.症状と関係の深いライフスタイルがある場合、
 見直していきます
 (食事、活動、休息、考え方や心の持ち方など)。



なぜ解消されるんですか

 それが体の仕組みだから。
 体に備わる仕組みを使うことで
 自ずとそうなります。



体の仕組みとは

体は、
刺激を受けたとき、
受けた刺激の反対に反応する
仕組みを持っています。

症状があるとき、
この仕組みを、
次のように使います。

1.症状と似た刺激を
 体に与えます。

2.すると、体は、
 症状と反対に反応してしまいます。

症状と反対、
つまり健康という反応が生じます。



このように、
命にもともと備わる仕組みを使って、
つらい、不快な症状を
速やかに、穏やかに、持続的に取り除き、
症状からの解放を目指す。

それが
ホメオパシーです。

どうやって始めたらいいですか

本を読んだり、
インターネットで検索して知識を得た後、
気になるレメディーを買って使ってみてください。
もっと知りたくなったときには、ホメオパスの講座へ。
気になる症状を終えたくなったときは
ホメオパスの健康相談会をお勧めします。



どこで買えますか

レメディー販売店でお求めください。
ホメオパシージャパン正規代理店一覧

「マテリアメディカ」や
「レパートリー」といった本も必要になります。
それぞれ、レメディー販売店や、書店で
お求めいただけます。



いくらかかりますか

書籍が1冊1000円くらいから
レメディーが1本数百円から
レメディーキットが1つ10000円程度
健康相談会の相談料が10000円前後
健康相談会でのレメディーが1回数千円程度
ホメオパシーの講座が数千円程度など