MENU

「これでよかった」と
心から死ぬ。

 
そんな最後を迎えるための、
たった1つのカギは
「選択」。

 
 
 
死にかけて、
助けられ、
主に問うた日々。

 
「守られた生を、
 傷んだ体に留め切り、
 そんな最後を迎えるためには?」。

 
 
 
与えられた応えは
「選択」。

 
​自身の世界の中心に立ち、
自分自身を表すこと。

 
自身のハンドルを自身で握り、
行き先を自分で決めること。

 
 
 
そう選ぶと決めた瞬間、
人は存在の輝きを増す。

 
選択が導く日々は、芯を満たし、
傷んだ存在の支えとなった。

 
 
 
自身の世界の中心に立ち、
ハンドルを手にするカギは
「選択」。

 
そうと知ったらその次は。

 
「何を選ぶ?」、
「どう選ぶ?」。

 
 
 
「自分自身に合うものを」、
「自身の感覚と観察で」と。
自然法則が答えをくれた。

 
 
 
与えられた時を、
最後まで生き切る為に。

 
合うものを選んで、
自分らしい表現で、
人生の主人公として生きよう。

 
 
 
 
ティアラ
日本ホメオパシーセンター渋谷笹塚交差点