おばけっていうより……☆ちょっと違うんだよなっていつも思ってること

「どんな風に見えるんですか?」
「恐くないんですか」って
尋ねられることがありますが、

のイラストのようでは
……ありません☆
(って、みなさんもそう思われますよね)。

みきです♪

今のように開示する前から、
見えないものを見るお子様、
そのご両親様とご縁をいただきやすい私。

お話を伺いながら、
いわゆる、おばけ、ね。
言われているイメージと
ちょっと違うんだよなっていつも思っていました。

一見何もない領域、
空間の

密度が違って見えるっていうのが、
私の視覚的に正確な表現で、

その密度に、
「想」が付着しているとき、
お子さんたちは
「あそこ、おばけ……」って表現されるみたい。

私に映るものは
肉眼で見る空間と、
私の視覚的に映るただの「想」なので、
怖くはないのですが、

(「想」の内容や数、量、勢いによっては
「げっ★」って思うこともありますが(笑)

同様のものは、
肉体を持つ方からも感じますので、

肉体のない「想」だからといって、
恐いというものでもありません。

肉体をもつ「想」の方が、
穏やかではないことの方が多いですし……。

そうした経験から、
「想」を残さないよう
悔いなく生きることを
伝えていけたらなと思っています。

こうした見えない事象の扱いも実は、
「観察と記録」から。

映るものと、
伺うお話と、
客観的事実とが
一致するかどうかを確認し、
事実確認を積み重ねるのですが、

一度や二度、
不思議な経験をなさったとしても、

それがずっと高い確率で再現される方は、
たくさんいらっしゃるわけではありません。

はじめてのことで、
驚かれたり、
泣かれたりするお子さんもいらっしゃるかと思いますが、

見えないものを見る傾向は、
成長とともに消えていかれる方がほとんどのようなので、
ご心配なさらないでくださいね。

[関連記事]
「見通し」のいい子どもと暮らすとき☆
見えない世界と付き合う準備って?☆「見えないワーク」にご注意を2
観察と記録☆わかるためのコツ

+2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です