ランタノイド系☆5.プラセオジム

みきです♪

自律性、個人主義、創造性、個人的発展、自由、自己決断といったテーマに合うといわれるランタノイドシリーズのキーノートをご紹介いたします。各レメディーから派生した化合物もありますので、ピピッ☆とこられましたら、関連書籍で詳細をご確認くださいね。

*** 5.プラセオジムのキーノート ***

自律性:自分の人生の中からどのように自律性を生じさせられるか見出そうとする
    依然としてそれが途方もないことだと感じる
    ときにそのための努力をするが、ほかのときには不可能だと思ってあきらめる

影  :用心深い
    影はどこにでも、いつでも、突然現れるかも知れずない
    その出現がいつであるか、どこであるかは知ることが出来ない
    あたかも100以上の頭を持つヒドラが常にやってきてるかのよう

力  :自分の力について非常に用心深い
    何の役にも立たないことに使うことで、自分の力が容易く消耗することを恐れる
    自分の力を無駄に浪費する前に、どのように行使できるのか見出したいと思う

用心深い
注意深い
慎重な
警戒している
双子

*** Preseodymium-met.のキーノート ***

用心深い性質
躊躇し、あえて自分の計画を実行しようとしない
とても注意深く、問題を見つけるため、問題が起こりそうな側を見つめ続ける

自律的にふるまうことを躊躇する:
 自律的でありたいが、自分自身の考えに従うにはあまりにも弱すぎると感じている
 自分の道に進むことを躊躇し続ける
 自律的であることは非現実的であると感じる
 状況はあまりにも危険で、自身を擁護し、自立を守るには、力がなさ過ぎる
 大変用心深く、いつも悪い方向にいきそうなことを探している
 それでも一個人でいたがり、自分で選択する人
 内的に、すでに自身の選択をしており、自身が求めるものを知っている
 それを現実化することは大変な仕事であり、大きな危険を伴う
 求めることを口にすることで、他人からの攻撃に対して自らを無防備にすると感じる
 自分の考えや計画を守ろうとするが、攻撃されると、いとも簡単に降伏する
 物事の周囲をしのび足で歩き、対峙することを恐れている

内的世界を避ける:
 自身のコントロール下にいたいという欲求
 自分の精神の主人でありたい
 精神的な発展の道を探る
 自己コントロールという課題は巨大で、不可能な仕事と感じる
 ある部分のコントロールを手にするようになると、まだ征服していない別の部分が浮上し、果てしない仕事に感じられる
 一つの問題が解決されると、他のものに置き換えられるだけ
 そのため、自己コントロールを身につけることと、あきらめることとの間を行ったり来たりする
 
臆病で用心深い双子の一人:
 ある段階で、双子は、一人の個人になりたいという欲求を発達させていくことが多い
 自律的になりたいが、自分自身の道を行くことへの不安を持っている
 双子のうちの臆病な方
 物事の背後が見えず、何が起こるのか予言できないために恐れている

どうすれば自律的になれるか探っている
自立を避ける
自立性が非現実的に感じられる
自立するために計画を立てる
背後にある法則を見ない
交互する自己コントロール

決断力がない、躊躇している:決断することへの嫌悪
臆病で用心深い双子の一人
才能:困難な仕事を異なる見方から考察する
遊び:かくれんぼ

[引用文献]
ジャン・ショートン(2010)「シークレット・ランタノイド」(ホメオパシー出版)

【精神や認識の発達から探す、ランタノイドのレメディー(周期表のレメディー)】
ランタノイド系のレメディー
ランタノイド系のキーノート
ランタノイド系☆重要キーノート詳細
ランタノイド系比較☆自律性
ランタノイド系比較☆力
ランタノイド系比較☆影
ランタノイド系☆1.セシウム
ランタノイド系☆2.バリウム
ランタノイド系☆3.ランタン
ランタノイド系☆4.セリウム
ランタノイド系☆5.プラセオジム
ランタノイド系☆6.ネオジム
ランタノイド系☆7.プロメチウム
ランタノイド系☆8.サマリウム
ランタノイド系☆9.ユウロピウム
ランタノイド系☆10.ガドリニウム
ランタノイド系☆11.テルビウム
ランタノイド系☆12.ジスプロシウム
ランタノイド系☆13.ホルミウム
ランタノイド系☆14.エルビウム
ランタノイド系☆15.ツリウム
ランタノイド系☆16.イッテルビウム
ランタノイド系☆17.ルテチウム
ランタノイド☆ポーテンシーの選び方

+1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です