憑依の外し方☆

もう外したから大丈夫♪(´▽`)

で、結局、
憑依はどう外すの?って?

体・心・暮らし・生き方を、ワンストップで「楽」に導く自然療法家
ティアラ 日本ホメオパシーセンター渋谷笹塚交差点
ホメオパス / 心理透知家 / 美的収納プランナーの佐々木美紀です♪

先日の記事で、
ドクダミ☆ジェモエッセンスのマテリアメディカ
心配してくれたみなさんありがとうございます。
ご心配をおかけして、申し訳ございません。

以前、記事で触れた通り、
それは全体の一部☆憑依と同調
影響を受ける憑依もあるし、
受けない憑依もあります。

どちらにしても、違和感を感じた際は、
エネルギー体さんたちには、
次のステップに進んでもらいます。

どんな風にしているかというとね。
次の7stepを行うだけ☆

【憑依を外す7Step☆】

0.前提
自身の感覚のチェック。
私の自身の感覚であるか。
その感覚は事実を捉えているか。

1.準備
時空間を用意。
人や用事に割り込まれない時間と場所を作る。
影響を受けない憑依の時は、時空間の準備だけ。
影響を受ける憑依の時は、
フラワーエッセンスやレメディーなどで、
一時的に、
エネルギー体と自分自身の間にスペースを作ります
(エッセンスやレメディーでは、
一時的にしかならないことが多いです)。

2.認識
エネルギー体を認識する。
位置、サイズ、数、形状、時代、年代、理由、意図、目的、などなど。

3.理解
エネルギー体が抱える用事?を理解します。
主たるこだわり、
主張、信念、欲求、感情、想い残しなどなど、
それらの核心を。

4.尊重
エネルギー体には用事があることを尊重。
現在形の声かけで尊重後、
タイミングを見て、過去形の声かけにスライド。
エネルギー体の気が済むまで尊重します。

素直なエネルギー体は、たいていここで離脱。
ぱぁーっと光って、
エネルギー体の次のステップ、
個を帯びない、エネルギーの粒子にまで
戻っていきます
(用事がなくなり、
粒子を引きつける理由がなくなるため、
バラバラになります。
すごくきれいなんだよ(´▽`)
その美しさも、
私がエネルギー体を恐れない理由の
一つかもしれません)。

5.指針
求心力の強いエネルギー体は、
4.ではおさまらないので、その場合、
自然法則を呈示します。

影響するエネルギー体の場合はたいてい、
「裁量」の課題を有しています。
「裁量外」の用事であることを伝達、
エネルギー体が気づくと、上述の通り、
個を帯びない、エネルギーの粒子に戻ります。

個の手放しに抵抗するエネルギー体は、
尊重の経験が欠けていることが多いです。
その場合は、
そのエネルギー体に必要な尊重が得られる
エネルギーフィールドまでお連れし、
自然法則の力を借りて癒してもらいます。
必要な癒しを得て、満たされると、
上述の通り、
個を帯びない、エネルギーの粒子に戻ります。

エネルギー体それぞれに「誤認」があるので、
誤認に気付くと、上述の通りの、
個を帯びない、エネルギーの粒子に戻ります。

6.見届け
個を帯びない、エネルギーの粒子に戻ることを
見届けます。

と、いうことで。

【憑依を外せるようになるためは】

1.感覚が自己のものとなっている
2.感覚が現実に沿っている
3.感覚で目に見えないものを捉えられる
4.感覚で表されない想いを捉えられる
5.感覚でものの道理を捉えられる
6.感覚に集中し続けられる
7.何を見ても聞いてもまっすぐに聞き上げる・向き合える

8.自他の裁量の区別がつく
9.自己の裁量内で振る舞える

・・・だけのこと。
それだけの条件が整えば、
やり方は自分でわかります。
だから、現実に沿っていない、
ワークや伝授、セミナーや他人に身を預けずに、
ヒーリングやエネルギーワークで起きていること、選び方☆
「普通」の暮らしを通じて、
ご自身の感覚と仲良くなっていかれてくださいね。

 ティアラ
日本ホメオパシーセンター渋谷笹塚交差点
https://tia-ra.jp

+5

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です