供養不要の先祖?となるために☆

悔いなく生き切るー☆ヽ(´▽`)/

体・心・暮らし・生き方を、ワンストップで「楽」に導く自然療法家
ティアラ 日本ホメオパシーセンター渋谷笹塚交差点
ホメオパス / 心理透知家 / 美的収納プランナーの佐々木美紀です♪

【肉体を離れたら、粒子に戻りたい☆】

ご先祖さまのみならず、
肉体を持つエネルギー体、
持たないエネルギー体の案件に関わるにつけ、
しみじみ思うのは。

「死後は、
ちゃんとなくなりたい☆」
ということ。

厳密に言うと、人は、亡くなっても、
「無」になることはできないのですが
(1は形を変えても1、
0にはならないものなので)、

「個」を帯びない、
さらさらの砂粒のような、
エネルギーの大元の状態には戻ることができるようです。

だから、正確に言うなら、
「死後、ちゃんと、
個でなくなりたい☆」になるかしら。

私の死後は、
可能ならば、その状態に☆ ←願望、人間にはできないことかも?
さて、どうかなー、
どうなるかなー?(笑)

【死後、粒子に戻れるあり方は?】

なぜそんな風に思うかというと、
「供養不要の先祖でありたい☆」
「供養不要のエネルギー体でありたい♪」
から。

そのためには、

・願い
・期待
・執着
・悔い
・思い込み

・・・などを残さずに死ぬこと。

表現を反転させると、
悔いなく生き切るということ。

それは、
表面的な好き、楽しい、わくわくや
使命、天命、高次といった方向性へ
興奮させられて過ごすのではなく。

湧き出すように本質から生まれる、
始まりの想いに時間を使うこと。
自己の裁量内を生き切り、
裁量外は、自然法則にゆだねること。

【供養を要するエネルギー体は・・・】

というのは。
供養を要する特定のエネルギー体を、
次のステップへ送る手伝いの際は、
彼?彼女?のこだわり、執着となっている
願い、期待、執着、悔い、思い込み、・・・
つまり、妄想のケアを要することがほとんど。

表面的な好き、楽しい、わくわくといった
思い込み、願い、期待に振り回されたり、
使命、天命、高次といった妄想にふけったりと、
事実に沿って「現実」を生きずに過ごすと、
亡くなった後にも、悔いや執着が残るようです。

個性が特定できるエネルギー体は
その執着ゆえに凝集し、
個を帯びない、
さらさらした砂粒のような、
大元のエネルギーには戻れない。

肉体と経験、
つまり、妄想に気付く機会を失い、漂い、
肉体を持つエネルギー体に干渉。
それは裁量外の動きだから、
思い込みや執着が解けない間きっと、
苦しかっただろうな。

自殺された方は、
死後も苦しみが長く続くと言われるけれど、
実際拝見していると、
苦しんでいるのは、
自殺された方だけではありません。

普通に生を終えた方でも、
思い込みや執着に置きとどめられ、
停滞し、苦しそう。

【っていう見えない事実を知っていたなら・・・】

みんな、何を選びたい?
その選択に応じて、
今日をどのように過ごしますか。

+2

供養不要の先祖?となるために☆” に対して4件のコメントがあります。

  1. ぱんだ より:

    私も粒子に戻りたいって思いました(^^)

    +1
  2. ぱんださん♪
    ぜひご一緒したいですね☆ヽ(´▽`)人(´▽`)/

    0
  3. lily より:

    すっごく 深いですね。
    深くて本質を突いてる 考えさせられます

    +1
  4. 「死後は魂」「魂が源」と認識する方が
    多いようですが、観てみるとね・・・。
    魂の状態は、エネルギーの流れの滞りなの。
    私は、自然法則に委ねて、分解されたい。
    最終分解された状態は=最初でもあるから☆

    +2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です