歯痛の同時多発……★

ご無沙汰しておりました。みきです♪ ご無沙汰には訳がございまして……。

ほめりべメンバー内同時多発歯痛(!)に襲われています★ いや~ん 痛い~~~★

席を並べて学び始めて3度目の秋、みんな同時に歯痛だなんて初めてのこと。

体質も遺伝傾向も異なるメンバーが、同時期に類似症状を出すということは、

多くの人々が同時に影響を受ける、気象や環境の影響があったかな、

と思い調べたら、見つけました。

じゃん♪ 低線量被曝症状に歯痛があるようです (´Д`)

放射線がリンパに影響すると、白血球が減り、免疫力が低下、慢性の炎症病巣が再燃、顕在化するそう。

日常生活に支障がなかったものの、治っていなかった慢性病巣を、

各メンバーが持っていたことが、明らかになったというわけですね。

歯科医さんのブログでも、急な歯痛で通院される方が急増していると読みました。

低線量被曝症状の多くは、慢性病巣の顕在化なので、症状は歯痛に限らないようです。

歯根の炎症が残っていたり、充填下にひっそり虫歯が進行していたのなら歯痛、歯肉炎

呼吸器に炎症が残っていたのなら咳、肺炎

筋肉に炎症が残っていたのなら筋肉痛、筋炎

炎症後の老廃物を出そうとして湿疹

などなど、

免疫力の低下からくる症状は、個人の体質と遺伝傾向から様々な現れ方をします。

こうした症状群は、ホメオパシー用語の「急性マヤズム」という病気に分類されます。

外部刺激が、疥癬の慢性マヤズム=ソーラを刺激し、急性化する症状のことを指します。

症状の出方は、その方の根本体質と遺伝傾向(遺伝マヤズム)により様々。

炎症する=遺伝で淋病マヤズムを持っている

炎症が慢性している=遺伝で結核傾向やガン傾向を持っている

虫歯になる=遺伝で梅毒マヤズム傾向を持っている

遺伝で受け継いだ結核傾向は<秋であることから、

免疫力が下がっている方のうち、

遺伝で結核傾向を持っていた方に、季節が秋になったことが刺激となり、

歯痛症状を現した、のかなと推察しています。

この歯痛をホメオパシー的に観察すると、

3つの病気の組み合わせによって表現されている症状なので、

癒すには、それぞれの病気に合わせたレメディが(最低でも3つ)必要となります。

(ハーネマンは「一つの病気に一つのレメディ」と言っていることが、最近のハーネマン研究からわかってきました)

歯痛はつらいのですが、症状の顕在化により、遺伝傾向や根本体質まで癒せるタイミングが来たとも言えます、ある意味ラッキー? ←ヘンタイ?? (^^;

1.急性の歯痛症状

2.遺伝傾向

3.根本体質

必要に応じて歯科通院をし ←ここ大事☆

1.に合わせたレメディで完全によくならないほめりべメンバーさんは、

状況の変化に応じて、2.や3.のレメディを検討してくださいまし。

*同様の症状でお困りのユーザーの方がいらっしゃいましたら、最寄りのホメオパスにご相談くださいね。

キットを用い、セルフケア対応できるのは、1.のパートだけとなります。

1.に合わせた手当てもちろん痛みは軽減しますが、

痛みがない=治癒ではなく、

追って2.や3.の手当を行わないと、いずれまた再発します。

(2.3.こそがこの症状の真の原因であり、1.とは別の手当てが必要なのです。

話が横にそれますが、

2.3.への手当てが出来ることが、他の療法との最大の違いであり、

ホメオパシーの最大の利点・魅力と思われます。)

さて、歯痛に限らなければ、同時多発……は実は今回が2度目。

初回は、梅雨~夏にかけての同時多発……マーキュリー Merc.!

各自の症状は違うのに、示唆されるレメディがMerc.ばかり、ということがありました。

ほめりべ限定?と不思議に思い、すでにプロとして活動されている先輩方に尋ねると、

やはりMerc.ばかり出していた

とのこと。

Merc.は抗梅毒マヤズムの代表的レメディ、梅毒マヤズムは<梅雨ですもんね。

放射線の影響で免疫力が低下した方のうち、

遺伝で梅毒マヤズムを受け継いでいる方が、

梅雨という季節の影響から、

Merc.様の急性マヤズムを発症した、

ホメオパシー的にはそう観察できるのかもしれません。

あるいは、

原発事故処理に用いられた海水が、放射性物質と化学反応し、硫黄が発生、

大気に乗って拡散していたということですから、

多くの人が硫黄中毒症状を示していたのかも知れません。

(硫黄中毒のNo.1レメディはMerc.)

原発事故により、生活環境が厳しくなりましたが、

バイタルフォースが症状として知らせてくれる病気を、

大元=根本体質、遺伝傾向 から癒しながら、

心身のバランスをとって生活することが、

一番の放射線対策なのかもしれないと改めて思いました。

初級ユーザーの方には少し難しい用語・概念が続いてしまい、ごめんなさい。

ホメオパシー学生はこうして、自分や家族の症状を手がかりに、理論を確認し、体験を積みます。

病気の分類以外にも様々な観察技法がありますが、

健康相談/学生相談では、こうした観察をベースに、レメディが選択されています。

急性病の分類については、以前の記事⇒体験談☆インフルエンザに似た発熱の注釈で触れましたが、

基礎用語の説明記事も準備しようと思っていますので、しばしお待ちくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です